12/6丹波 大西雅文 陶展展示会情報

約850年続いている丹波焼の産地で生まれ育った事を感謝しています。
20歳で何もわからず愛知県は赤津焼で修行をし、丹波にはない織部、黄瀬戸、志野などの釉薬を勉強しました。

数年前、今まで見ていた古丹波の景色が、尚更美しく思えて以来、昔の陶工がどんな想いで土を触り窯を焼き続けていたのかと思い巡らせて作陶しています。
丹波特有の蛇窯の作品を中心に出品いたします。是非ご高覧くださいますようお願い申し上げます。

大西雅文

コメント